ウォーターサーバーのメンテナンスが無料の衛生的なサービスはどこ?

政治も人間関係も企業のサービスも人気が出てくると必ずアンチといわれる抵抗勢力が現れるものです。ウォーターサーバーはここ10年の間に人気者になりました。やはりウォーターサーバーなんて高いだけでレンタルする意味が無いという人もいます。選ぶのは各々の自由ですから否定するのは問題ありません。しかし、上塗りした嘘をつく人もいるのが事実。

どんな嘘?かといえば、「ウォーターサーバーは細菌がうじゃうじゃいるので危険」という嘘。本当は衛生的です。比較して水道水がウォーターサーバーよりも衛生的だから、ウォーターサーバーは汚いという大ざっぱな論法なのですよ。

意図としては、ウォーターサーバー業界が設けているのが気に食わない人達や類似の競合商品を売っている連中やそういった利害関係者があえてウォーターサーバーを否定する手段はよくみかけます。また、そういった嘘の情報を聞いた自分の脳みそで考えない、そして調べようとしない人達が、その嘘情報を拡散していくわけです。

利害関係があるとこういう論争は絶えません。仕方ないことかもしれません。ウォーターサーバーを推奨している人の中にも水道水が危険だと煽りウォーターサーバーを申込させようとする人もいますから、どちらの派閥が良いか悪いかではなく個の人間次第ではありますね。

さて話がそれましたが、そういった嘘の煽りがあったこともあってか、ウォーターサーバーの衛生面対策は年々進化を遂げています。 これ、嘘に流されているとも見れるかもしれませんが、不安になっているユーザーを嘘だとしても安心させる為に衛生面を強化するというのは企業として当然のことだと思います。 例えですが、原発の事故で放射能問題がでて、人体に全然影響が無いのに脱原発を叫ぶ事に対し原発を停止することを公約に掲げるのとはちょっと訳が違います。原発の件は間違った民意の悪用ですよね。

ウォーターサーバーの衛生面に関しては、値段も上がっているわけではないですし、企業がただ負担しているだけなので安心感の付加価値を与えているといえます。

またそれましたが、衛生面対策は実際必要な事です。

各社ウォーターサーバーのメンテナンス比較

ウォーターサーバーのメンテナンスですが9割の会社が無料で実施しています。1年や2年など周期は異なりますが、サーバーの交換をしたり内部の点検を行うのが主流です。

有料の企業もいますが、やることは大体同じです。 業界でシェア率が高い人気の宅配水で求められている点は水がまず、おいしければよいということが最優先されている気がします。つまりウォーターサーバーのメンテ機能はあまり重視されてはいないのが現状ですが、選ぶ人は選ぶのかと思います。

ですから、その中でも今一番衛生面でしっかりしていると感じるウォーターサーバーが2社います。正確にいえば2台です。メンテナンス需要に答えているといえるウォーターサーバーであると言いきれます。

フレシャスのdewoとサントリーウォーターサーバーがそれです。 この2社はサーバー自体に設備された元の技術はそれぞれ独自のものを使っていますが、共通するのが熱水をサーバー内部に循環させ清掃するシステムを搭載しています。

dewoの場合月に一回程度、自分でボタンを押して清掃します。サントリーの場合、自動で一日一回熱水がサーバー内を巡回し衛生面を保つシステムが搭載されています。

1年に一回のメンテナンスよりも正直定期的に内部を管理してくれるウォーターサーバーのほうが安全性は高いと思います。例えるなら、革靴や革ジャケットなどを毎日は気終わった後にクリームで栄養を与え靴の場合はシューズキーパーで汗を逃がしてあげる。これをやるだけで汚れ方は全然変わってきますよね。例えが伝わる人にしか伝わらなそうですが、細かいメンテは正義ということです。完璧な衛生面を保つメンテナンスといえるでしょう。

では、そういったメンテナンスが無いウォーターサーバーは危険なのでしょうか?実際はそうでもなく、私もまだそういった高機能システムが無いウォーターサーバーを利用しています。レンタルする当時そういうサーバーがあれば迷わず借りていたと思いますが、なかったので。で実際は水を飲んでお腹を壊したとかそういう経験は1度もありません。お手入れは月一でやるかやらないかです。どこを掃除するかと言えば、ウォーターサーバーの水とお湯が出てくる蛇口部分を綺麗な布でふき取る。汚れた受け皿や、ボトル差し込み口の清掃。このくらいです。ちゃちゃっと5分もかからず清掃可能です。

後もう一つやるとすれば、裏側のほこりを掃除機で吸うくらいでしょうか。

メンテナンスする時間が短いから不衛生と捉える人もいるみたいですが、それは根拠のない妄想ですから心配は不要かと思います。もし心配しているなら最新の清掃システムを搭載した先ほどのウォーターサーバーにしたほうが良からぬ心配をせず良いかと思うのでおすすめです。